原因から、トイレのつまり解消

原因から、トイレのつまり解消 はコメントを受け付けていません。

日本のように、世界的に見ても立派なトイレをもっている国では、トイレでのトラブルというと、携帯電話などを落としてしまったり、うっかり水に溶けにくいトイレットペーパー以外のものを流してしまったりといったことくらいしか起こらないと考えられるようになってきているかもしれません。しかし、意外と多いのが、トイレのつまりです。つまってしまったトラブルのもとがわかっていると、つまり解消もスムーズにできるかもしれません。

たとえば、お子さんがおもちゃを流してしまったというときには、流してしまったおもちゃの大きさからして、そう奥までは流れないだろうと判断することができます。そこで、つまり解消の方法としてチャレンジしたいのが、給水ポンプです。トイレの奥深くまで進んでいないおもちゃを取り出すなら、給水ポンプでも取り出し可能かもしれませんし、すぐ見える位置にある場合には、手袋などをはめて気をつけながら手で取り出すという方法も可能です。

次に、トレイの水を流す配水管などの長さよりも、小さいサイズの物を流してしまったとき、あるいは何でつまっているのかわからないというときには、給水ポンプなどで試した後に、つまり解消されないとなれば、早めに専門業者に連絡をしましょう。少々のつまりであれば、少し使い続けていれば解消することもあるようですが、目に見えてつまりが解消されていないと感じるならば、早めにつまり解消を業者に連絡したほうが得策になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 原因から、トイレのつまり解消
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

吸引カップでトイレのつまり解消

吸引カップでトイレのつまり解消 はコメントを受け付けていません。

自宅でトイレがたまにつまってしまう事があります。これはトイレットペーパーや便の量が多いときに起こりますね。また流してはいけない物を流してしまうとつまりの原因になってしまします。トイレのつまりはなるべく早く直したいですよね。そうしなければトイレを使用できない状況が続いてしまいます。状況によっては時間が経ってからトイレを流せば元に戻る場合もあります。ですが、そう簡単にいかない場合は直す必要があります。

トイレのつまり解消の最善の方法はやはり吸引カップです。この吸引カップは画期的なアイテムで長年世間で愛用されていますよね。トイレがつまった時にこの吸引カップを便器に押し付けます。そして力強く引っ張ると吸引力でつまりが直るとゆうのがこの吸引カップの特徴です。一度でつまりが直らなくても数回行えばつまりは解消できます。この時に便器には必ず水がなければなりません。水がない状態だと吸引力が発揮できないのです。

もし吸引カップが自宅になければこれを気に吸引カップを購入してもいいと思います。トイレのつまりは頻繁に起きるものでもないですが、トイレがつまったときにつまり解消をする方法の中でもごく一般的であり、吸引カップ自体がそんなに高価な物でもないので購入しても損は無いように思います。自宅に一つあれば十分で、また吸引カップの役割の効果がとても大きいのでつまり解消の為に是非とも持っておきたいアイテムです。トイレのつまりは急にやってきますからね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 吸引カップでトイレのつまり解消
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

トイレのつまり解消プロに任せたほうが良い

トイレのつまり解消プロに任せたほうが良い はコメントを受け付けていません。

トイレそれは、にんげんが一日に何度も使う場所である。普通に生活を送っていくうえで、一番大切な場所といっても過言ではないだろう。トイレが汚いと、運気も入ってこないという言い伝えさえもあるほどなのである。だから古代からトイレは、人間が生活していくうえで欠かせない場所であったわけである。しかしトラブルが一番起きるところも、トイレだと私は、考えている。いきなり水が流れなくなってしまったと、いう経験を持つ人は多い。

私の家のトイレも最近水が流れなくなってしまった。いきなりのことだったので、何をすればいいかさえ分からずに、ただ困惑してしまった。しかしインターネットで解決策を探した結果、水のトラブルに関しての企業に出張して修理してもらえばよいということが、わかったのである。私はそれを見て、すぐに電話をかけて、家にまで出張してもらったのである。その企業の行動はとても素早く、電話をかけて、一時間以内に家に到着してくれたのである。

そうしてトイレの状況を見てもらった結果、トイレにトイレットペーパーが詰まっているために、水が流れなくなっているということが、判明したのである。だからつまり解消をやらなくては、いけないということもわかったのである。そのためにつまり解消の修理をやってもらった結果、すぐに使えるようになったのである。また料金自体も想像していたよりも、全然高くなく5000円程度でつまり解消をしてもらったのである。だから皆さんももしトイレが詰まったとしたら、まずプロに電話して対策を聞いたほうが、よいと私は考える。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - トイレのつまり解消プロに任せたほうが良い
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

トイレのつまり解消にはどんな方法が良いか

トイレのつまり解消にはどんな方法が良いか はコメントを受け付けていません。

トイレのつまりを経験したことがあるでしょうか。トイレの古い新しいに関係なくつまることがありますのである方の方が多いかもしれません。いつつまるかわからないという認識を持ち、つまったときにつまり解消ができる方法をいくつか頭に入れておくとよいでしょう。素人でもチャレンジしやすいのは昔から定番とされている道具を使うことでしょう。すっぽんと呼ばれていることが多く、ホームセンターなどで販売されています。棒の先にゴムがついている道具です

吸引力がありますので、女性でもチャレンジしやすいでしょう。つまりが生じたトイレの排水口にゴムを押さえつけ、吸引させてつまり解消の作業を行います。その作業を数回繰り返すと大体の場合はつまり解消は成功できます。その作業をしても改善されない場合、業者さんにお願いする前に確認しておくべきことがあります。外のトイレの排水が流れ出る排水溝の蓋をあけて外側に何かがつまっていないか確認する作業が必要です。稀ですが、へどろがたまりすぎ

ていたり、庭の木の根が排水溝部分に入りこみ、つまりの原因になる場合があるからです。どちらにしても業者さんは水道屋さん関係に依頼することになりますが、トイレのつまり解消作業をスムーズに行うにはとても重要な事柄になります。トイレのつまり解消にはつまらせないということも重要です。メーカーのトイレにはトイレットペーパーの長さはこれぐらいなど指定もあります。お子様がいる場合、遊びの一環でたくさんのトイレットペーパーを流したりおもちゃを流したりとありますので、トイレの使用年数に関係なくつまりが生じることがあるのはそのことが理由のひとつでもあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - トイレのつまり解消にはどんな方法が良いか
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

トイレのつまり解消にラバーカップがあると便利です

1 Comment

この家に引っ越してきてから、初めてトイレのつまりに遭遇しました。そして、そのときの出来事と、実際に行ったトイレのつまり解消までを書いておくことにします。私には9歳の子供がいるのですが、トイレから私を呼ぶ声がしました。トイレに行ってみると、ドア越しにトイレが大変なことになっていると子供は私に言うのです。そしてドアを開けてトイレの中を見ると、便器から水が外に溢れ出ていたのです。子供に何か流したのかを尋ねてみたのですが、特に変なものは流していないようです。

原因はともかくとして、トイレのつまり解消をするためには、とりあえず便器の中の水が引くのを待つ必要がありますから、しばらく放置しておきました。そして3時間ほど経ったので便器の様子を見てみると、水が引いていつもの水位になっ

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - トイレのつまり解消にラバーカップがあると便利です
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]